悪いサイトの例と検証

これまで私は、様々なサイトの運用および実験を繰り返してきました。業務としてはほとんど下請けで‘行っていたため、自社のサイトは、集客を目的として作ったわけではありません(といってもうれしい誤算なのか、問い合わせが絶えないのですが)。元々のサイト運営の目的は、ホームページによる集客ではなくSEOの効果を「検証」することでした。そのため、安定して上位に位置することを目的とせず、あえて検索順位にマイナスとなるようなことも試してきました(今でも、100%これで良いというサイトはひとつも保有していません)。今は数多く集客することよりも、確固たるノウハウと揺ぎ無い自信を身につけることが先決だと考えているからです。なんとか食えるうちにできるだけ多くの知識を吸収しようと、今も検証を繰り返しています。そこで今回は、反面教師として、内部対策においてこんな悪いことをしたらどうなるかということを簡単にお伝えしようと思います。

この他にも、様々な実験を日々繰り返しています。お客様にご迷惑をお掛けしないよう、複数の保有サイトで、火中の粟を拾うという精神で取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です